インジケーターは今がお買い得で安い時期~!

1週間ほど使ってますが!今のところ吸盤が外れたりはしてないのでよかったです。シールは粘着タイプの物ではなく!何回も剥がしたり貼ったりできるタイプのものですので水槽のガラス面が汚れることはありません。ミドボン使用しているので!うっかり多添加にならないように購入しました。

下記の商品です!

2017年02月02日 ランキング上位商品↑

インジケーターミニCO2インジケーター(試薬付き) 関東当日便

Amazonはこちら

詳しくはこちら b y 楽 天

ボンベが空になったのがすぐわかるので便利です。複数項目が計れる試験紙より、正しいPHが出ました。簡易測定としてはなかなかいい商品だと思います。CO2濃度を測る試液タイプも使ったことがあるのですが、異常な数値が出たので信用できませんでしたが、これはなかなか良いと思います。空気をとことん抜くような付け方でないと!浮いてくるようです…(^_^;)とても簡単に設置出来て見た目もカワイイし!わかりやすいですね。水中で動かす時には!液に最注意です。水槽内の環境を知るために購入。とても気に入っています。φ30のキスゴムがお勧めです。設置は簡単で使いやすいとは思うのですが!溶液の色がいつまで経っても変わらず青のまま・・・常にCO2が多いってことなんですかね?今後も様子を見て水槽環境の改善に役立てたいです。見た目もいいですし。別で購入された方が絶対にいいです。CO2添加時とそうでないときでしっかり色が変化してくれたのでわかりやすいです。ただ、キスゴムが少々弱い気がします。チャームオリジナル CO2フルセットとの同時購入です。当然ですが設置位置によっては全然色変化が違います。価格も安いので2個買いました。ということで常設のざっくりpH計としても使えるんじゃないでしょうか?評判の悪いキスゴムですがウチでは設置後一度も取れていません。他の方も書いておられますが、付属の吸盤は使い物になりません。慣れてくるといらないかな?某社の商品と内容は同じですよね。ADAのドロップチェッカー、phキットの方が150回使えることからそちらの方が経済的でした。これも当然ですが、pH試薬と同じく青→青緑→緑→黄緑→黄と徐々に変化します。水草の成長具合とインジケーターを元にco2の量を決めています。CO2添加時の濃度を見るのに購入、目で確認出来るので便利です。初めての水草育成なので目安としては十分安心感あります。気がつくとぷかぷかしています。酸欠に弱い種類がいるのでディフューザーから離れた位置に軽いエアレーションも同時にしているせいか1秒1滴だと全く色の変化がなく試薬の色にしたがって1秒2.5滴(うまく2滴に調整できないだけw)にしてやっと緑に。CO2濃度を一目で分かるようにする為に購入しました。性能が同じならお安い方向で。バブルカウンターが水槽の中に無く!いつもチェックし忘れるので目安として設置しました。。見た目ですぐ判断出来るところは良いと思います。CO2添加はじめたばかりなので目安にはいいと思いました。実際のところ今までは適当に添加していましたが!これで適正かどうかが一目で確認できます。瞬時に色の変化はない。色が変化して教えてくれるのでわかりやすいです。色に変化があるとチェックするようにしています。こちらのインジケーターはゴムパッキンも定期的に取り替える必要があるので、お試しにはいいと思いますがランニングコストは高い商品です。試薬が10mlしか入っていないので説明書通りに一回2ml使用すると5回分ということになります。見た目もかわいいです。色見本を水槽に貼るとキスゴム隠れます…細やかな配慮に脱帽です説明にもあるようにpHを計っているだけなので元々の水のpHによってはまったく変化を感じない場合もあるのでは?ウチはCO2添加前はちょうど中性くらいの水なので青→緑になっていく過程がはっきり分かりました。パパに頼まれての購入です。他のレビューにも書かれている通り、キスゴムの吸着力が弱いのでしっかりとり着けないと浮いています。水槽に薬品を入れて置くことに抵抗が有りました。